アシドフィルス菌サプリとは?

アシドフィルス菌サプリとは?と、聞きなれない名前なので思われる方も多いと思います。

アシドフィルス菌とは、人間の身体の中にもともと存在している乳酸菌の一種で、腸内環境を整える効果があるのです。
腸内環境は、腸内に生息している腸内細菌の種類や数によって左右されることになり、善玉菌と悪玉菌が存在しているなかでも、善玉菌を増やしてあげることで腸内を健康に保つことができるというわけで、アシドフィルス菌はその善玉菌の一つなわけです。

 

アシドフィルス菌の最大の特徴とは、熱や酸に強いというところで、腸内環境を整える働きが期待できる菌なのです。
腸内環境を整えるためには、腸内のビフィズス菌や乳酸菌などを増やす必要があると言われており、ビフィズス菌や乳酸菌は熱や酸に弱い特徴があることから、食品などを通してビフィズス菌や乳酸菌を体内に取り込もうとした場合には、うまく腸まで届く工夫をしなければいけないのです。
その点アシドフィルス菌は熱や酸に強いので、体内に取り入れたアシドフィルス菌の多くは、生きたまま腸に働きかけることができるというわけです。

 

他にもアシドフィルス菌は、ピロリ菌に対して強力な殺菌作用が期待できます。
ピロリ菌は名前は聞いたことあるという方も多いと思いますが、ピロリ菌とは食べ物や飲み物から体内に入る菌で、50歳以上の方の8割程度がピロリ菌を持っていると言われています。
ピロリ菌が、胃がんや胃潰瘍、十二指腸潰瘍などを引き起こす可能性があるとも言われており、ピロリ菌を除菌することは、健康を維持するためにも大切なことになるのです。
アシドフィルス菌を取り入れるとことでピロリ菌を殺し、胃潰瘍や十二指腸潰瘍などの予防にもつながるのです。

 

また、アシドフィルス菌はビオチンとラクターゼの生成を促す効果があり、ビオチンはビタミンB群の一種で体内で大切な働きをしていますが、抗生物質の投与などで不足してしまうと皮膚症状や脱毛などが起こる場合がありますので、ビオチンを生成することによって、このような症状の予防対策を取ることにもなるのです。
ビオチンはほかにもアトピー性皮膚炎の対策に役に立つともいわれています。

 

アシドフィルス菌は、腸内にしっかりと届く菌であるといえますが、アシドフィルス菌が入ったヨーグルトというのはあまり見かけません。
もしヨーグルトで摂取したとしても、かなり多くの量を毎日食べないといけないことになってしまいますので、アシドフィルス菌を摂取するには基本的にサプリメントで摂取するのが定番になっているようです。
国産のサプリでアシドフィルス菌を単体で摂ろうとしても、ほとんど単体で入っているものは売られていないようです。
単体でのアシドフィルス菌サプリが欲しい場合は、海外製のものを選ぶしかないようですのでご注意ください。
国産のサプリメントでアシドフィルス菌サプリを摂取されたい場合は、色々な乳酸菌が配合されているものがほとんどになっていますが、どれも腸内においては善玉菌として働いてくれるものが配合されていますので、色々な乳酸菌が取れるというメリットがありますので、国産のアシドフィルス菌サプリであっても体にとってはとても有効であるといえますので心配はいりません。